鳥取と梨

鳥取県といえば梨。梨といえば鳥取県。

特に二十世紀梨は、明治37年(1904年)に千葉県から導入されて以来、100年以上の栽培される歴史がある代表品種となっています。
国内は関西方面を中心に出荷販売され、また約4%は台湾、香港、アメリカなど海外に輸出されています。
透きとおるような淡い黄緑色の肌、口に含めばさわやかな甘さの果汁がほとばしる。
その味覚の秘密は梨つくりの達人たちの丹精込めた栽培管理にあります。